車 相続

家族が亡くなってしまった!
遺産として軽自動車が残っているけど使う当てが無いので売却したい。

しかし持ち主が死亡している状況で、どうやって軽自動車を売ったらいいの・・・
売却する為にはどんな書類が必要なのか・・・

そのようなケースでお困りの方もいるのではないでしょうか

当ページでは、家族が亡くなった時の軽自動車の売却方法
書いていきたいと思います。
売却方法が解らず困っている方のお役に立てれば幸いです!

売却するには、まずは軽自動車を相続する必要がある!

例えば自身の父親が亡くなってしまった場合でも、家族だからといって
父親名義の軽自動車をいきなり売却する事はできません。

まずは軽自動車の相続手続を行いましょう。
では、軽自動車の相続手続きにはどのような物が必要なのでしょうか

軽自動車の相続(名義変更)に必要な物

・戸籍謄本
・住民票
・車検書
・印鑑
(認印でも可)
・ナンバープレート(亡くなった方と相続する方の軽自動車検査協会の管轄が異なる場合のみ)

軽自動車相続(名義変更)の書類を提出する場所

・軽自動車検査協会

軽自動車の相続に必要な物① 戸籍謄本

市役所などで発行してもらえる戸籍を証明する書類ですね
下記点に注意しましょう。

・死亡した家族(軽自動車の所有者)が除籍扱いになっている事
・相続する方の戸籍が記載されている事

「軽自動車の所有者が死亡している事」
「相続する方が相続する権利を持っている」という事を
戸籍謄本で示す必要があります。

死亡した家族(軽自動車の所有者)が除籍扱いになっている

親族が亡くなった場合、病院などで死亡診断書を記載して貰って、7日以内に市役所に提出する必要があります。

死亡診断書を市役所に提出すると、死亡した方は戸籍上は除籍扱いになり、戸籍謄本でも除籍と記載されます。

遺産(軽自動車)を相続する訳ですから、親族(軽自動車の所有者)が死亡しているという事が戸籍謄本に記載されている必要がありますね

相続をする方の戸籍が記載されている事

相続手続きを進める為には、相続する方の戸籍が記載されている必要があります。
相続する方が遺産を相続する権利を持っているという事を証明する為ですね。

父親の戸籍に結婚した娘の名前が無い!

父親の戸籍を確認した際、稀に結婚した娘の名前が無い、という事態があります。
その原因としては平成16年の戸籍の電子化が原因である事が多いようです。

子供が結婚し別の籍に入った場合、父親の戸籍上は除籍という扱いになります。
ただその時点では父親の戸籍上は除籍扱いとして子供の名前の記載自体はあります。

しかし平成16年の戸籍の電子化に伴い、
その時点で除籍されてしまっている人の名前は
戸籍上から削除されてしまったという事のようです。

よって平成16年以前に結婚して籍が変わった子供が、
父親の戸籍に名前が無いケースがあるようです。

その場合ですが、市役所で改製原戸籍(かいせいげんこせき)という戸籍を取り寄せます。

こちらの原戸籍は出生から死亡までの履歴が記載されている書類なので、
除籍された・されていないに関わらず子供の名前は記載されています。

軽自動車の相続に必要な物② 相続する方の住民票

相続する方の住所を証明する書類ですね、市役所などで発行してもらえます。
下記の点に注意しましょう。

住民票は発行日が3ヶ月以内の物を用意する

発行日が3ヶ月以内の物でないと有効とはみなされません。

必ず発行日3ヶ月以内の住民票を用意しましょう、
ほとんどの場合、軽自動車の相続の為に市役所で新たに発行してもらう、
という事になるのではないでしょうか

軽自動車の相続に必要な物③ 車検証

正式名称は自動車検査証。
ほとんどの方は車のダッシュボードに入れているのではないでしょうか。
自動車が保安基準に適合していることを証明する書類です。
また所有者情報や、所有者の住所などの情報が記載されています。

軽自動車の相続に必要な物④ 印鑑

必要書類に押印する為に必要になります。
印鑑登録がされた実印ではなく認印でも問題ありません。

軽自動車の相続に必要な物⑤ ナンバープレート

亡くなった家族(軽自動車の所有者)が住んでいた住所の
軽自動車検査協会の管轄と、相続する方の
軽自動車検査協会の管轄が異なる場合のみ必要になります。

軽自動車検査協会の管轄区域は軽自動車検査協会のサイトで
確認する事ができます。

また軽自動車のナンバープレートはドライバーで外すことが可能です。

軽自動車相続(名義変更)の書類を提出する場所

軽自動車検査協会

ここまで説明をしといて何なんですが・・・・

軽自動車検査協会に書類を提出して相続手続(名義変更)すると言いましたが、
実は自ら軽自動車検査協会に行く必要はありません!

結論から言うと、中古車屋に上記の必要な物を持ち込んで依頼すれば
中古車屋で相続の手続きを代行してもらえるからです。

しかも無料です!

もちろん自ら軽自動車検査協会に赴いて名義変更を行い、
その後、中古車屋に軽自動車を売却する事も可能ですが
売却する事が最初から決まっているなら、名義変更・売却の処理を一括で
やってもらう方が手間がかかりません!

軽自動車検査協会に名義変更を申請するのは
中古車屋が日常的にやっている作業なので
プロに任せた方がスムーズに処理が完了しますしね

自分は中古車屋のガリバーさんで相続手続き(名義変更)と売却を
してもらったのですが、調べてみた限り、ビッグモーター、カーセブン、ラビットなど
大手の中古車屋でも相続手続き(名義変更)の代行を同じように
無料でやってくれるようなので安心ですね!

まずは買取り価格の無料査定を行ってみて、納得できる価格であれば中古車屋に事情を説明、
上記の物を用意して中古車屋に車とともに持ち込み、売却処理を行いましょう!

【ガリバー】愛車無料査定申込




・14年間 中古車買取実績No.1
・全国に500店舗以上
・年間約21万台・累計300万台の買取実績
ガリバー 愛車無料査定申込

【楽天】中古車買取査定市場




・査定でもれなく楽天スーパーポイントプレゼント
・簡単に複数社、一括査定依頼
楽天の愛車一括査定!

【Goo-net】売却相場検索




Goo買取は一括査定とは異なり、買取会社と愛車をマッチングするサービスです。
愛車を高値で売却できるお店探しを徹底サポートします。
Goo-net 売却相場検索

【ユーポス】愛車無料査定申込




・近畿地区店舗数 No1
・買取専門店ならではの独自システムで高価買取
・安心の翌日振込
ユーポス 愛車無料査定申込